本番まであと・・・

こんばんは!初登場のインターンSです。
いよいよ本番まで残すところあと数日・・・
しばらく更新できていなかった、みんなのWA!もここから盛り上げていきます!
さっそくですが、10月6日にオープンデー『みんなで大風呂敷を広げてみよう!』を開催いたしました!
プロジェクトFUKUSHIMA!と大風呂敷の関係は前回のみんなのWAで説明した通り。2014年から始まったフェスティバルFUKUSHIMA!@池袋西口公園では、初年度に作製した大風呂敷を毎年使い続けています。

祭りを彩る大風呂敷には毎年の補修が欠かせません。今回のオープンデー『みんなで大風呂敷を広げてみよう!』では、豊島区役所1Fにあるとしまセンタースクエアにて、フェスティバルFUKUSHIMA!@池袋西口公園で使用する大風呂敷を実際に広げてみて修復箇所を確認しました。

プロジェクトFUKUSHIMA!の皆さんと共に、1枚1枚大風呂敷を広げていきます。フェスティバルFUKUSHIMA!@池袋西口公園では、円形の池袋西口公園に合わせて丸く大風呂敷を敷いていくため、四角形や三角形、L字など様々な形の大風呂敷が用意されています。ちなみにこちらの大風呂敷、合体させるとプロジェクトFUKUSHIMA!のロゴマークである吹き出しの形になるんです!

これまでの2年間、フェスティバルFUKUSHIMA!を支えてきた大風呂敷たち。池袋西口公園に大風呂敷を広げるのも、今年度で最後となります。

フェスティバルFUKUSHIMA!では、そんな大風呂敷の修復をお手伝いしてくれる「縫い隊」を大募集中!修復の他にも布を縫って新たに会場の装飾作成も行います。裁縫がちょっと苦手な方でも大丈夫。ちくちく縫って祭りを一緒に作り上げましょう!

F/Tサポーター「縫い隊」 詳細はこちら

インターンS

広告